予約システムは日本ビスカ株式会社のスマート診療予約システム【Mr.WEB予約】

医療機関の快適な受付を創造します。

資料請求はコチラから 問い合わせ電話番号0120-12-7716 受付時間:月~金曜日9:00~18:00まで

ほんとうに使えるのはプロの創ったシステムだけ!ビスカスマート予約システムMr.WEB予約V(VISCA Smart Appointment System) 医療業界、長年の信頼と実績。20,000を超える医療機関さま、1,500の代理店さまの声から生まれた「診療予約システム」です。

導入を迷われている方へ患者さんアンケートをしませんか?200部無料送付。集計もおまかせください。

あなたの医院はこんな状況になっていませんか?

  • 朝一番・午後一番は患者さまでごった返して大変!
  • 患者さまの診察順には気を使う
  • 院内感染が心配
  • 電話の応対に追われる
  • 毎日無断キャンセルがある
  • WEB予約の要望が多い
  • 駐車場がいくらあっても足りない
  • 分院の状況が気になる

診療予約システムは日本ビスカのMr.WEB予約

ビスカは、医療業界で長年培った信頼と実績があります。医院さんの診療スタイルを隅々まで知り尽くしたスタッフが、医院さんのご希望をお伺いして、今の診療スタイルにスムーズにマッチするように柔軟なご提案をさせていただきます。 インターネット予約システムは難しいとお考えの医院さんも、安心してご導入いただけるように、操作はシンプル、機能は多彩でご用意しています。予約管理のプロにお気軽にご相談ください。

順番予約と時間予約

順番予約

皆様、医科に行った際、来た順番に診察を受けるという経験をしたことはないでしょうか。あるいは当日の朝、整理券をもらって順番を待つという経験をされた方もおられるかもしれません。
 その時の印象はいかがだったでしょうか。自分の順番がいつ呼ばれるのかわからない不安、当日の予定が狂ってしまうのではないかという焦り、先に済ませたい用事があるが、いつ呼ばれるのかわからないために、それができないということはなかったでしょうか。例えば朝10時頃に医科に行くのであれば、午前中は他に予定が入れられないこともしばしばあったかと思います。
 しかし、そのような点において、診療予約システム、すなわち順番予約システムは優れています。診療予約システムにおいては、診療の順番を予約することになります。順番予約をしておくと、どのような利点があるかを以下に説明致します。
 まず、診察を受けるまでの待ち時間が大幅に少なくなります。診療がやや長くなる方や、すぐに終わる方などおりますので、時間が多少ずれることもありますが、例えば朝の10時に予約すれば、10時頃に医科に行けば、すぐに診察を受けることができます。朝早くに医科に行かなくても済み、他の用事を済ませてから来ることも可能になるわけです。小さな子どもは待つことが苦手であり、ご高齢の方は待つことが体力的に大変でもありますので、それが解消される利点は大きいでしょう。
 また、予約状況を確かめることで、ご自身の都合がよく、比較的すいている時間単に予約を入れることができます。これで、一日医科に行く時間を費やすということがなくなります。
 診療予約システムと聞くと、人によっては予約の仕方が難しいのではないかと感じられるかもしれませんが、ご都合の良い時間を告げるだけで大丈夫です。予約状況や予約の仕方については、受付側が把握しておりますので、丁寧に説明を受けたり、アドバイスを受けることが可能です。
 利用者だけではなく、診療を行う側にも利点があります。人を待たせているという気持ちから解放され、どの時間帯がすいていて、どの時間帯が混んでいるのか把握できれば、人員配置を変えることができます。年齢層を把握できれば、座席を座りやすいものに変えたり、絵本や雑誌を多めに置くといった工夫をすることも可能になります。
 このように、診療予約システムは、病院側も患者側も落ち着いて診察が行えるという点において、優れているシステムであるということができます。

時間予約

歯科医院で診療予約システムを導入した場合のメリットは歯科医院だけではなく、利用者である患者さんにもあります。診療予約システムには、いくつかのタイプがあります。
まず、順番予約と呼ばれるものです。診察受付をした順番で予約をすることが出来ます。待ち人数とおおよその待ち時間が把握しやすいため、診療を受けるまで待っている時間が分かりやすくストレスを軽減することが出来ます。また、時間指定の予約ではないため、公平感があります。一方のデメリットとしては、急患や新患への対応が難しくなる可能性があります。
そして、時間予約というタイプも有ります。時間予約はあらかじめ診療日ごとに予約枠を設定し、その予約枠を指定する方法を言います。来院時間を分散させることができるので、待ち時間を削減することが出来るという利点があります。また、時間を指定して診察をうけることが出来ますので、遠方の人でも都合に合わせて予約を取りやすいという事も大きな利点ということが出来ます。一方で、デメリットとしては、診察時間にズレが生じた場合には、予約をしていた時間に診察をうけることが出来ない患者さんが出る恐れがあります。また、予約をすることが出来る人数に制限があるということもデメリットいうことが出来るかもしれません。
最後に、大枠予約というタイプがあります。これは、1日の診察時間を午前と午後のように大枠で設定し、その時間内で先着順に予約を行うという方法です。
おおよその来院数を予測することが出来るので、待ち人数や待ち時間を確認することが出来ます。時間予約ではないので、来院時間にばらつきが生じ、場合によっては待ち時間が長くなってしまう可能性もあります。
歯科医院の場合、一度の診療で治療が完了するということが少なく、複数回治療に通うことが必要となる場合が多いため、時間に合わせて予約を取りやすい時間予約が適している事が多いようです。事前に患者さんの訪れる時間が分かっていることにより、カルテの準備などの受付業務を合理的に進めることが出来ます。また、診療予約システムを導入することにより、受付時間外であってもパソコンなどでいつでも予約をすることが出来るので、便利です。なお、一口に診療予約システムと言っても、様々なタイプのシステムがありますので、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、導入するシステムを選ぶようにするということが大切になります。

各科目によるメリット

歯科における診療予約システムのメリット

最近、インターネットや電話からの診療予約システムと導入するクリニックが増えています。これは、内科だけでなく、歯科にも言えることで、多くの歯医者にもこのシステムが活用されています。
診療予約システムを歯科医院で行うメリットは多くあります。風邪などを引いたときに行く内科と異なり、歯科医院では元々予約制を取り入れているところがほとんどでした。これは、患者さん一人当たりの治療時間を確保するために行われていたことで、細かな治療が必要な歯医者には欠かせないものでした。
しかし、予約制にはデメリットもありました。患者さん自身が予約した日を忘れてしまったり、急患が同じ時間に来院してしまい、予約の意味がなくなってしまうなどです。忙しい時は、電話に対応するスタッフがいないために、予約できない患者さんも出てしまうこともあります。診療時間外にはクリニックが閉まっているために、電話での予約はできませんでした。
診療予約システムは、このデメリットをメリットへと変える力を持っています。多くの予約は、インターネットで、パソコンやスマートフォンなど、患者さんが都合のいいときに24時間行うことができます。これにより、夜間や休日などクリニックがあいていない時でも、患者さんは予約を取れるようになりました。都合が悪くなったときは、変更もできるので、とても便利です。また、予約した日が近づくと、メールなどで連絡をくれるサービスもあり、キャンセル防止にも役立ちます。
歯の神経の治療や、歯周病の治療は、繰り返し行うことで治療の効果を発揮します。感染による病気なので、治療をすることで一時的に痛みがなくなることもありますが、最後まで治療を終えなければ再発していまいます。菌が増殖しているときには、定期的に受診し、菌を抑えていかなければいけません。きちんと通うことが、早く治すことへの近道になりますが、仕事が忙しくキャンセルを続けていると、歯科医院に行きにくいと感じてしまう患者さんも多いです。診療予約システムなら、電話をすることなく、患者さん側から予約の変更が簡単に行えるので、予定に合わせた治療を行うことができます。
このように、診療予約システムは、歯科医院と患者さんの両方にとってメリットがあることが分かります。定期検診など、先の予約を取ると、つい忘れてしまいがちですが、そのようなこともなくなり、お口の健康を維持する上で大切なシステムとして、全国に広がっています。

産婦人科における診療予約システムのメリット

まだ未成年のため産婦人科に行くのには抵抗があります。診療予約が電話でできるところがほとんどなので、あまり産婦人科に行くことを他人に見られたくない人にはいいことで、また混んでいるかなども確認出来るので、ありがたいです。よって診療予約システムがあるため待ち時間が減ることが多いので、それが1番のメリットであります。予約されることにより、病院の準備も事前に出来ます。予約で誰が何時にどのような状態で、どのような理由で来るか事前に知ることができるので、診察の内容や準備が予約された時点でできるので、病院側も楽で、患者側も待ち時間が短縮され、とても得します。産婦人科は、定期的に行かないといけない人もいるので、診療予約システムがあることで、次回の予約が簡単に出来、何度も電話なので予約する必要がなくなるのは、とてもいいことであります。また予約することで、行かないといけないという気持ちになり、行くのが嫌になったからやめよう、ということになるのを防げるのではと思います。それは患者側の気持ちの面も改善でき、また病院側も無断キャンセルが減り、病院も安定出来いいことであります。 電話だけではなく、最近ではインターネットで診療予約が出来るため、予約の手間が減りました。電話だと今忙しくないか、忙しいと病院側も出られないことがないわけではないので、メリットであります。電話ではこのようなことはありませんが、インターネットで予約が出来るところでは、24時間365日予約できるところがありました。そのような場所では、患者側からしてみれば、とてもうれしいことです。病院に行きたいと思う時はいつあるか分からず、思ったときが電車の中であった場合、電話はなかなかできずあとあと予約すれば満員で予約出来なかったとうことがないわけではない。その場合、インターネットが使えれば、すぐに予約できるので、とても便利なシステムであります。 診療予約システムがあるため遠方からの患者さんも来やすくなります。この病院ではないといけないという理由の人もいます。遠方の方がやっと来て、今日は予約がいっぱいです。なんて言われたら、せっかく来たのにと思い、たまったものではありません。そのときに予約が簡単に出来れば、安心して病院に行くことができるので、とても便利なシステムであります。予約するときに、大体午前か午後で、分かれているので診療時間が大幅にずれることは少ないのがメリットであります。

小児科における診療予約システムのメリット

小児科というのは、医科の診療科目の中でも特殊な科目になります。子供というのは、成長途中なので、大人を小さくしたものという考え方ではきちんとした治療が行えません。赤ちゃんから幼児になっていく中で、母乳やミルクから離乳食を通じて大人と同じような食事になるなど、食べ物も変わり、ハイハイから歩くようになるなど、体の使い方も大きく変わります。
診療予約システムは、多くのクリニックで導入されている便利なシステムですが、小児科にも普及しています。子供の病気は、朝起きたら具合が悪そうだったなど突然起きることが多いです。熱のある子供を連れて、病院へ行くだけでも大変なのに、長時間待たされるということは子供自身はもちろん、保護者にも大変なことです。具合の悪い子供がたくさんいる待合室の中で、他の病気に感染してしまうという恐れもあります。
そのような時に、自宅から診療予約システムを使うことで、長時間待つという辛い時間を短縮させることができます。予約した時間が近づいたら家を出ればいいので、その時間までは自宅で寝ていることができ、子供の体の負担も軽減させることが可能です。予約をすることで、待合室にいる時間を大幅に短縮することができるので、他の病気への感染のリスクも軽減させることもできます。
また、小児科は他の診療科目に比べると、予防接種を多く扱うという特徴もあります。予防接種は特定の曜日や、時間帯だけに限られていることも多いです。接種する時期が限られているものもあり、スケジュールを調整するのが難しいという声もあります。診療予約システムは、予防接種にも活用することができます。都合に合わせて、予定を確認しながら予約できるので、他の予防接種との期間の兼ね合いも考えることができるようになりました。中には、複数の予防接種を同時にできるものもあるので、母子手帳などを参考に、どの接種が終わっているのかを調べながら予約を取ることができます。
初めてのお子さんの場合は、いつどの予防接種を打ったらいいか困ってしまうこともありますが、小児科を受診した際に相談すると、接種プランを一緒に考えてくれます。また、第二子以降の場合も、予防接種の内容が変わっていることもあります。先生やスタッフに相談することで、安心できるプランを作成できます。
このように小児科における診療予約システムは、病気のときだけでなく、予防接種や育児相談などにも活用することが可能です。

内科における診療予約システムのメリット

病院経営をしているさいにネックになるのが1日の受診者の数が不安定であるということです。このため多くの受診者がやってくる日には医師や看護師などに多くの負担を掛けますし、受診者の待ち時間も長くなってしまいます。このため近年では診療予約システムを導入しているところが増えています。 診療予約システムを導入することで、1日の受診者をコントロールすることができ、医師や看護師への負担が軽減できますし、事務作業の効率化なども行えます。また受診者が待合室で長時間待たせることが少なくなり感染症の拡大を防ぐ効果も期待できます。特に内科はもっとも多くの人が受診に訪れる診療科目であるため、診療予約システムを導入するには大きなメリットがあります。
診療予約システムといっても、実際にはさまざまな形で存在しています。もっとも簡単なものとしては事務員や台帳などで管理を行う方法です。この場合にはコストは掛かりませんし、少人数の受診者であれば管理する量も少ないので、問題なく行うことができます。しかし一定規模の病院になると複数の人が仕事に携わるため本格的なシステムを導入する必要があります。
以前であればコンピューターとソフトウェアを導入して行う必要があり、予約システムを導入するだけでも膨大な費用が掛かりましたが、現在では、ソフトウェアレンタル方式が主流となっており、またクラウドによるサービスが増えてきておりインターネット回線が利用できる環境であれば簡単に導入することが可能になっています。
クラウドはインターネット上にあるサーバーで処理と情報管理を行うというものであり、利用者は端末を導入するだけで、そのシステムを利用できるというものです。自前でコンピューターと予約システムを運用する場合には、それらのメンテナンスが必要になりましたが、クラウドの場合にはシステムに関するメンテナンス業務が不要なため低いコストでの運用も可能です。またインターネット上のサーバーに情報が保管されているので、複数の端末から呼び出すことができますし、予約をする場合にも電話やインターネットから行うことが可能になりますし、配信システムを利用することで受診する人に番号の通知を行うことも可能です。
またインターネットに接続する以上はセキュリティ面での不安がありますが、診療予約システムを提供している会社に一括管理されることによって、個々にシステムを運用するよりも高いセキュリティを保つことができます。

皮膚科における診療予約システムのメリット

規模の大きい医療機関や街で人気のクリニックを受診するときは、受付をしてから医師の診察を受けるまでにかなりの時間待たされることが多いでしょう。体調が悪い状態で医療機関に行ったにも関わらず、長い時間待たされるのは患者にとって辛いものです。大人であれば多少待つことはできますが、子供の場合は待合室でぐずってしまい付き添いのお母さんやお父さんが大変な思いをすることもあります。 しかし、最近では診療予約システムを導入している医療機関が増えており、受付を済ませた後に何分も待つようなことがなくなっています。診療予約システムが設置された医療機関の場合は、自宅にいる間に予約を入れることができます。何時頃に到着すれば待合室で待たされずにスムーズに診察が受けられるかが事前に分かりますから、体調を崩してしまった子供を連れて行くときも安心です。 診療予約システムを設置しているクリニックと設置していないクリニックとを比べると、いくつかの違いが実感できます。待合室が混雑していませんから、感染症にかかっている患者さんと一つの待合室で待たされる確率が低くなります。特に皮膚科の場合は、細菌による皮膚感染症を患っている患者さんも来院するでしょう。子供の間で感染しやすい病気として溶連菌感染症が挙げられます。またブドウ球菌なども感染が広がりやすいですから、できれば皮膚科に行ったときはスムーズに医師の診察を受けて処方された薬を受け取り帰宅したいものです。あらかじめ診療予約システムを使って予約を入れておけば、他の感染症にかかる可能性も減りますし自分に起こっている症状を他人にうつさずに済みます。 受診する皮膚科を探すときは、インターネットを利用して自宅から近い場所にあるクリニックのホームページをチェックしてみましょう。診療予約システムを導入しているクリニックならホームページから予約が入れられるようになっています。このシステムはパソコンやスマートフォン、携帯電話に対応しており、誰でも簡単に操作ができるので安心です。 自家用車を使ってクリニックに向かうときは、駐車場の混雑状況も気になるでしょう。予約システムの画面を見ることで、どの程度の患者さんが診察を待っているかが分かりますから、駐車場の混雑状況も判断できます。待ち時間の長さがストレスになり、余計に具合を悪くしないためにも事前の予約が有効です。初めて受診するときは必ず健康保険証を持参しましょう。

耳鼻科における診療予約システムのメリット

耳鼻科に診療予約システムを導入すると、導入する医療機関と患者双方にメリットがあります。
医療機関に対する大きなメリットは、混雑の緩和化できることです。 診療予約システムを導入していないと、患者が来たいときに自由に来院します。
自由に来院されると、一定の曜日や時間帯に患者が集中してしまうことになりかねません。 患者が集中すると、診察をする医師やサポートをする看護師も、慌ただしくなります。 その結果、医療ミスを起きる可能性も高くなります。
診療予約システムを導入しておくと、患者の来院を医療機関側でコントロールすることが可能です。 混雑を平準化することができるので、いつでも同じペースで医師や看護師は仕事をすることもできます。
さらに受付に患者が集中することもなくなるので、受付業務を合理化することが可能です。 合理化してスリムにすれば、事前にカルテを用意したりすることができるようになります。 医師や看護師が慌ただしく仕事をせずに、事前の準備もしっかりできるようになると、医療ミスを防ぐことにもつながるでしょう。
さらに受付や待合室の混雑が緩和されれば、院内感染が起きる可能性も減らすことができます。
混雑が緩和されるということは、医療機関だけでなく患者にも大きなメリットです。
混雑していると、耳鼻科に行っても待合室で数時間待たされることもありました。 その結果、耳鼻科に行く時間を読むことができずに、予定を立てづらくなることも多かったでしょう。 また、混雑した待合室で延々と待たされるのは、大きなストレスです。 待たされれば待たされるほどイライラしてしまい、精神的にも良いことは一切ありませんでした。
しかし、診療予約システムが導入されている耳鼻科なら、待合室で待たされることなく医師の診察を受けることができます。 診察にかかる時間も予想しやすくなるので、一日の予定も立てやすくなりますし、待合室で待たされてイライラすることもなくなるでしょう。
患者はストレスフリーでスムーズに、診察を受けることができるようになるのがメリットです。
患者にとって快適な耳鼻科になれば、かかりつけ医として再度の来院を見込むことができるので、回り回って医療機関にとってのメリットにもつながるのです。
このようなメリットが医療機関と患者双方にあるので、現在は完全予約制の医療機関が増えてきました。
まだ診療予約システムを導入していない医療機関は、メリットを享受するために、導入を考えてみましょう。

眼科における診療予約システムのメリット

最近では、診療予約システムを導入するクリニックが増えてきており、クリニックのスタッフの負担を軽減すると同時に、患者さんにとっても予約や待ち時間の面で使い勝手の良いものとなっています。こうした状況を受けて、眼科でも診療予約システムを導入するクリニックが増加しています。システムを導入した場合のメリットというのは、具体的にどのようなことなのでしょう。
高齢化の影響を受けて眼科を定期的に受診する患者さんが増えてきています。毎月の定期検診や2カ月に1回、半年に1回などの検診の予約をシステム化することができれば、スタッフの手間を減らすことができ、予約の手違いなどのトラブルも防ぐことができます。また、患者さんに対しては予約の1週間前や前日にお知らせメールを送ることができますので、予約当日に受診するのを忘れることを防ぐ効果も期待できます。医師やスタッフが別々な場所から予約を行った場合にも、パソコンで一元管理することができるため、ダブルブッキングなどの心配もありません。
また、例えば、眼科の定期検診でよく行われている視野検査などは、機器の台数が限られていますので、診療予約システムに組み込むことで、効率的な運用を行うことができます。機器を用いた検査については通常の診察とは別に予約管理を行うことで、機器とスタッフ、診療の流れをスムーズにすることが可能です。また、蛍光眼底撮影や虹彩光凝固術など、診療内容を区分することで、時間設定を変えることができますので、きめの細かな対応をすることができます。患者さんが検査の後に診察を行う場合にも、1回の予約で検査と診察の枠を確保することができますので、手続きや管理が簡単です。これらのことから、クリニックでの診察の効率化を図ることができ、収益のアップにもつながると考えられます。
さらに、患者さんにとっては、待合室での待ち時間が表示されますから、時間の見通しを立てることができ、ストレスなく過ごすことができます。また、予約管理がされているため、患者さんが一度に来院することがなく、院内の混雑を緩和する効果も期待できます。また、インターネットによる予約では、診察時間外でも受け付けが可能なため、日中、忙しくて直接連絡を入れるのが難しい患者さんにとってもメリットがあります。次回の予約を患者さんが自分で入れることができるため利便性が高く、スタッフの負担も大きく減らすことができます。

動物病院における診療予約システムのメリット

動物病院の多くは、順番制で受付をしています。予約制にすると、急な患者に対応することができません。 そのため、順番制にしておくことで、急患にも対応できるようになります。
しかし、順番制だと患者の待ち時間は長くなり、様々な問題が出てくるのも事実です。
患者の待ち時間が長くなると、付き添いの人間とペットの双方に多大なストレスを与えてしまいます。 比較的ストレスに強い人間ですら影響を受けるので、繊細なペットならその悪影響は甚大です。 もともと体の調子が悪くなっているところに、多大なストレスをペットに与えてしまえば、病状がさらに悪化してしまうことにもつながるでしょう。
また、動物病院には車で来院する患者も多くいます。 待ち時間が長くなれば、それだけ駐車場に車を停める時間も長くなるので、広い駐車スペースを用意しておかなければいけません。
しかし、街の動物病院が広い駐車スペースを用意するのは、容易なことではないでしょう。 駐車場を用意するコストも、動物病院に大きくのしかかることになります。
順番制のデメリットは、診療予約システムを導入して予約制に変更することで、解消することが可能です。
予約制にしておけば、動物病院が患者の集中を避けて診察できるようになるので、待ち時間が長くなることはありません。
来院してすぐに診察を受けられるようになるので、付き添いの人間やペットに無用なストレスを与えることがなくなります。 スムーズに診察を受けて治療できるので、ペットの健康状態も良くなるでしょう。
また、患者が医院内に留まる時間を短くすることができれば、車の駐車時間も短縮できます。
駐車時間を短縮することができると、駐車場のスペースを広くする必要はありません。 数台分の駐車スペースしかなくても、来院する患者に対応することができるでしょう。 診療予約システムの導入で患者に対するサービスも向上するので、評判も同時に良くなるでしょう。
また、診療予約システムを導入しておけば、診療業務を効率化できるメリットがあります。
診療予約システムを導入してネット経由で予約できるようにしておけば、受付業務は効率化します。 さらにコンピューターを使った診療予約システムなら、人為的なミスも減らすことが可能です。 予約の重複なども避けることができるので、確実に捌けるようになるでしょう。
業務を効率化して診療業務に集中できると、ミスも減らすことができるようになります。

【新着情報】

2015.05.08 診療予約システムMr.Web予約Vが、メディプラザ福岡様にてご紹介されています。
詳しくは下記よりご覧ください。
メディプラザ福岡
2011.04.01 HPを更新しました